デジカメ使い勝手3

NEXT[4] 前に戻る

一眼レフデジタルカメラ使用。
菖蒲 菖蒲
花菖蒲
レンズ80mm〜200mmF5.6望遠ズーム、オートで撮りました。
(1)左の写真は菖蒲を撮って見ました。背景のボケ具合はいいようですが左右の花が途中で切れています、このようなことにならないようシャッターを押す前にフアィンダーの画像を良く見ましょう。
(2)右の写真はズームを引いて135mmにすると菖蒲は三本入りました。良く見ると右の花の隅に後ろの花が重なって見えます、ちょっと五月蝿いですね。
(3)花を撮る時は花の時期も大切ですが、咲いている環境とか、咲き具合、被写体の向きなどに注意しましょう。
(4)写真は良く引き算といいます、できるだけよけいなものは避けるように、どうしても余計なものが入る場合はボケさせてとるようにします。しかし自然を相手の時はなかなか思うように行かないのが写真です。
菖蒲 菖蒲
菖蒲一輪
(1)左の写真は花一輪を狙って見ました。バック全体がグリーンの中に左上に白いボケがあります、上の方には紫色の薄いボケもあります、いずれも後ろの花の色です。このようにグリーン一色でなく何か違うものでさりげなく入れることで主体が生きてきます。
(2)右の写真は200mmX2倍テレコン使用しました。花は画面いっぱいにとって見ましたが良く見ると左の写真と色が違います。これはおそらくテレコンバータをつけたことによりレンずの特性が違ったためと思います。
バックのボケはどちらがいいか見る人の主観によります。
コンパクトデジタルカメラ使用。
矢車草 矢車草
矢車草一輪
(1)左の写真は矢車草一輪を狙って見ました。バックはそれなりにボケていますが、綺麗ではありません。
(2)右の写真はズーム3倍マクロでピントが合うところまでよって行きました。このような場合ピントが花芯に合うようにするのが普通です、また露出が不足気味になりますから注意が必要です。
どちらがいいかは見る人の主観によります。
アジサイ アジサイ
雨の日のアジサイ
(1)左の写真はアジサイを適当にズームして撮ってみました。バックに建物が見えますが、コンパクトではこれ以上ぼかす事は出来ません。雨のわりには花の色は出たと思います。雨の雫は反射しますから思ったより明るく撮れています。
(2)右の写真はワイドマクロでピントが合うところまでよって撮ったものです。雫がまぁまぁです、色も思ったより出たと思います。接写をするときは露出不足に注意が必要です。


photogalleryに戻る

NEXT[4]

前に戻る
inserted by FC2 system